誠実・公正・迅速 あなたの目線で紛争の適切な解決に努力します。

誠実・公正・迅速 あなたの目線で紛争の適切な解決に努力します。

トップページ > 弁護士費用

弁護士費用

弁護士に相談したり,事件を依頼したりした場合費用がかかりますが,アンカー法律事務所の費用について概要は次のとおりです。受任に際しては、各費用については詳しくご説明いたしますので、ご安心ください。

1.費用の種類

  1. 法律相談料
    心配事やトラブルなどについて弁護士に相談した場合にお支払いただく費用です。原則として時間単位で計算されます。個人の方の法律相談の場合は、30分5,250円(消費税込み)、債務整理に関するご相談は無料となります。尚、事件を受任した場合には別途法律相談料は頂戴いたしません。
  2. 着手金
    事件を依頼したときに、最初にお支払いただく費用をいいます。事件の結果如何にかかわらずお支払いただくものです。訴えを起こす場合には、原則として最初に着手金、終了したときに報酬が発生します。なお、訴訟などについては、事件単位で費用が計算されます。
  3. 報酬金
    訴訟が終結したときにお支払いただく費用をいいます。原則として勝訴したとき(一部勝訴を含みます)に、その成果に応じてお支払いただきます。
  4. 日当,実費
    日当は、ご依頼を受けた事件処理のために遠方に出かける場合の手当をいいます。なお、出張の場合は交通費や宿泊費が発生する場合もあります。実費は、事件処理のために必要な交通費、コピー代などをいいます。
  5. 顧問料
    企業などの法人、団体や個人の方と顧問契約を締結した場合にお支払いただく費用で、原則として毎月のお支払となります。

2.弁護士費用

(おおよその目安です。消費税は含まれていません。なお,詳細については、個別にアンカー法律事務所報酬基準に基づき説明させていただきます。)

  1. 一般民事事件の着手金
    債権の額や、不動産の価格などの経済的利益を基準として計算されます。
    [例1]経済的利益の額が300万円の場合:24万円
    [例2]経済的利益の額が3000万円の場合:159万円
    [例3]経済的利益の額が3億円の場合:969万円
    ※ 着手金の最低額は、10万円になります。
    ※ 事件の内容により増減額させていただきます。
  2. 一般民事の報酬金
    事件の解決の結果に応じて計算されます。例えば、300万円の訴えで200万円が認められたときは、200万円を基準に計算します。
    [例1]経済的利益の額が300万円の場合:48万円
    [例2]経済的利益の額が3000万円の場合:318万円
    [例3]経済的利益の額が3億円の場合:1938万円
    ※ 事件の内容により増減額させていただきます。

3.債務整理の費用

(消費税は含まれていません。)

  1. 任意整理
    着手金:2万円×債権者数(但し、最低5万円となります。)
    報酬金:1社あたり2万円、その他、過払金について報酬金が発生する場合があります。
  2. 自己破産
    着手金:20万円以上(債権者数と債務額により判断いたします。)
    報酬金:事案により、事件終了時に決定いたします。
    ※ 他に、裁判所に納める費用(予納金、郵券)が必要となります。
  3. 個人再生
    着手金:30万円以上(事案の内容により異なります。)
    報酬金:20万円以上(事案の内容により異なります。)
    ※ 他に、裁判所に納める費用(予納金、郵券)などが必要となります。